HLCBLOG

memo

【理想のデジタル一眼レフとは】

 ① SONYがセンサーを開発
 ↓
 ② Nikonがボディを作って
 ↓
 ③ Zeissがレンズをラインナップ
 ↓
 ④ FUJIFILMが静止画処理を
 ↓       
 ⑤ Panasonicが動画を担当して
 ↓
 ⑥ OLYMPUSが手ブレ補正ユニットを組み込んでから
 ↓
 ⑦ PENTAXが防塵防滴化
 ↓
 ⑧ RICOHがソフトウェアを完成させて
 ↓
 ⑨ CASIOが他言語化を終えたなら
 ↓
 ⑩ Leicaのブランドロゴを付けて
 ↓
 ⑪ SIGMA価格で
 ↓
 ⑫ Canonに売らせる

デジカメinfo part9 (via wideangle)

防塵防滴はオリンパスじゃね?

(via nobw2001)

(twinleavesから)

博多大吉:というのも、そもそもテレビ自体を、本当に観ないんですって。普通の20代。

赤江珠緒:ほぉ。じゃあ、何を普段してるの?

博多大吉:LINEとか。友達と繋がってるし、見たい動画があれば、Youtubeで観てるし。

赤江珠緒:それは言ってました。Youtube観てるって。

博多大吉:「なんでテレビ観てくれないんだ?」って訊いたら、「面白くないんじゃないんです。ただ、分からないんです」と。

赤江珠緒:え?

博多大吉:そこから詳しく話をしたんですけど、結局、お笑い芸人の平均年令だって、35~6歳でしょ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉35~6歳が面白いものって、21-2歳は面白くないんですよ。結局、自分のことを考えたんですけど、自分は43歳でしょ。昔はああだった、こうだったとか、「昔はこんなことが流行ったね」とか、そんなことも言うし、実際、テレビを観たら「懐かしのあの人」とか、「2000年代ヒットメドレー」とか。よくあるけど、20歳の子に言わせたら、たとえば2007年の曲なんか、6歳の頃の曲だから、記憶はあっても、全く思い入れ無いし。

赤江珠緒:あぁ、そうか。

博多大吉:それをオッサンたちがありがたがって、ワーワー言ってるのを観ても、分からないと。

赤江珠緒:あぁ。

博多大吉:そういうのの積み重ねで、「観ない」って言ってて。もう、一気に酔いが冷めましてね。「マジか」ってなって。

博多大吉が語る「今の20代がテレビを観なくなったワケ」 | 世界は数字で出来ている (via katoyuu)

最近、博多華丸・大吉のyoutubeを毎日見ているのでぼくは、おっさんの心を持ったデジタルネイティブ。

(via attrip)

(attripから)

whitehotel:

David Huffman, Belly button window (2006)

whitehotel:

David Huffman, Belly button window (2006)

(blackcontemporaryartから)

akimanart:

角川書店「特撮エース」用ピンナップ

akimanart:

角川書店「特撮エース」用ピンナップ

(error888から)

(出典: lovepits)

効率よく作業するために! キッチンで役立つアイデア集 : ライフハッカー[日本版]

(元記事: gintonic (motomocomoから))

Googleの検索効率がものすごく上がるオススメの検索技13個まとめ。

「まぁ」を多用する人は「他人は他人、自分は自分」という考えの人。「自分はこうだ」と表明はするものの、誰かが自分と違う意見を持つことにはあまり抵抗が無い。しかし、自分の領域を侵される事にとても敏感で、意見や考えを押し付けられると、途端に戦闘体制に入る。

Twitter / senshinkoku (via yellowblog)

まぁこれまぁ

(via y-u)

(y-uから)

zoker:

nikuniku:

arikui:

Photo Journal : Pictures of the Day

違った表現をとれば、あるシチュエーションでの言葉が隣の状況には全く通じないーウジトモコ『デザインセンスを身につける』に、以下のような文章がありました。

ーーーーーーーーーーーーー

デザイナーの多くは、デッサンや色を学んでいても、経営については関心を持っていません。マーケティングについての知識はほぼ、本人のやる気と環境に依存します。ロゴが使われていく意味は、ほとんどがマーケティングベースなのに、つくられているデザインの現場の関心のほとんどは「色やカタチ」を超えることはありません。

一方、経営者や製品担当者の多くはデザインを「差別化」や「経営戦略」とリンクさせることができません。デザインのトーン・アンド・マナーについて、単に先行他社の資料を集めて参考にしてしまったり、今すでに売れているもののデータを集めて、それを評価や価値の基準値にしてしまいます。

yellowblog:

人間に適した睡眠パターンは「二度寝」である(米研究):カラパイア

一日コンパクトカーを借りると大体6000円くらいしますが、
バリューレンタカーの場合だとたった2500円ほどで借りれてしまいます。

どうしてそれほど安く借りられるのかイメージできますか?
ヒントとしてはバリューレンタカーはガソリンスタンドが運営しています。
それで大体イメージがつくと思うのですが、バリューレンタカーが安い理由は三つです。

1.低年式の中古車を使用
2.店舗併設における無駄なコスト削減
3.車両整備は自社整備士が対応

そりゃ安いわ!と僕は知った時に思ったのですが、同時にかなり感心させられました。何が感心したかというとガソリンスタンドの利点を最大限に近く活用していますよね。

ガソリンスタンドだから大きいスペースがあり、車を置いておくコストもかからない。
人件費もそのままスタッフが対応するからかからない。
しかも自社整備士がいるから車の整備は簡単にできる、信用も増える。

しかもレンタカーって借りた後ガソリン満タンにして返さないといけませんが、それも借りたところでガソリンを入れる事もできます。
しかも僕が借りたところでは10%OFFです。

僕はここが凄くいいなと思ったところで、いつも返す直前にガソリンスタンドを探すのに苦労してたのにその部分が全く無くなったいうだけで凄く感動しました。

こんなにいい事づくしなのに今までやっていなかったのが不思議なくらいです。
不思議に思ったので店長さんに聞いてみたら

「今まではやらなくても儲かっていたからこんなアイデアは無かったんだと思いますよ。」
「今はガソリンスタンドだけではやっていけない時代になったから、他に稼ぐ方法が必要なんです。」

とおっしゃられていました。

「最近の若者はダメだ」は昔から言われているが、特に今の若者はひどい。
まず、当事者意識が完全に欠如している。さらに、独り立ちをしようとせず、常に何かに依存し、
消費し、批判するだけの「お客さま」でいつづけようとしている。これはゆゆしき事態であり、
日本社会のありかたにかかわる重大な問題である。

最近の若者は、定職に就きたがらない。
あるいは、会社に入っても一定のポジションで身を立てようとしない。
なぜなら、社会的なかかわりを、全て暫定的・一時的なものと見なしているからだ。

彼らに言わせると、本当の自分は別のところにあり、現実の自分は仮の姿に過ぎないんだそうだ。
本当の自分は棚上げしておいて、いつまでも立場を替え、考えを変え、
自分自身をも変身させる余地を残しておく。一貫した主義主張をもたないか、もたないふりをする。
特定の党派、集団に全てを賭けることを避けようとする。


↑これ1977年に書かれた論評な 1997年じゃないぞ 今から30年以上前の文章だ
fairy-wren:

little owls
(photo by user,pixdaus)

fairy-wren:

little owls

(photo by user,pixdaus)